Shirts in Alcohol
素晴らしき日本酒で至福のひとときを
プロフィール

真 剣 味 【Shinkenmi】

Author:真 剣 味 【Shinkenmi】
H22BYより本格的に日本酒を楽しんでおります!

人と人を結び、よりその世界を深いものにしてくれる
素晴らしい日本酒たちをご紹介していきます♪

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほしいずみ 純米吟醸 火入れ H25BY
2014年3本目のお酒です!

愛知県知多郡阿久比町の丸一酒造株式会社さんが醸すお酒です♪




阿久比(あぐい)町と言えば、高校野球部時代に年に数回、強化練習の為に
名古屋市内の学校から足を運んだことがある思い出の地であります!

当時、お世話になったのはこちら

阿久比町立阿久比スポーツ村野球場 (阿久比球場)

汗水を流して、必死に練習した記憶は今でも強く甦りますね
この時があるからこそ、今があるのです!

さて、お酒の感想です。

グラスから漂う香りは綿菓子のような甘い香りです。
口に含むと、香り同様に優しい甘みが口中を支配します。

甘みと言っても、軽やかな上品な甘さで、全く嫌味はありません。
口の中で転がすと、この甘みに追随してシャープな苦みが拡がります!

終盤は苦みから辛みに変化し、すーっとキレていく。
開栓後も大きな変化はなく、素直に美味しいと思いましたね。

IMG_3037.jpg

まだまだ無名の銘柄でしょうけれど、これからの伸びに期待しましょう!

ご紹介して下さった岐阜県にお店を構えるルナ・テーブル島本屋さんの山田一人店長様に
改めて御礼を申し上げます。


【ほしいずみ 純米吟醸 火入れ】
◆原材料名:米、米麹
◆精米歩合:60%
◆アルコール分:15度以上16度未満
◆酵母:不明
◆日本酒度:+1.0
◆酸度:1.2
◆アミノ酸度:1.2
◆製造元:丸一酒造株式会社
◆所在地:愛知県知多郡阿久比町植大西廻間11
◆杜氏:木村伸一
◆容量:1800ml
◆製造年月:2013年12月
◆購入店:ルナ・テーブル島本屋
スポンサーサイト
超王祿 仕込み第04号 無濾過直汲 H25BY
2014年の2本目です!

初めて飲んだのが2年程前になるかと思います。
その時の衝撃は今でも忘れられませんね~。

それだけの感動を味わったのが島根の銘酒である『王祿(おうろく)』です!



王祿酒造さんのこだわりは、

①全品無濾過
②生あるいは生詰
③全量瓶貯蔵
④ブレンドは一切なし
⑤限定生産
⑥要冷蔵

と徹底的に管理されております。

~王祿酒造HPより抜粋~
王祿酒造の酒は生きています。
生き物として扱っていただきますよう、お願い申し上げます。


THE OUROKU

さて、感想です。

口に含むと王祿の直汲みらしいピリピリとした微炭酸が口中を支配します。
フレッシュフレッシュフレ~~ッシュ

その後に強烈な酸味と旨味の塊がこれでもかこれでもかと押し寄せてきます。
味わいの印象としては固め、少し早すぎるくらいの開栓でしたね。
酸っぱい青りんごをかじっているような印象を受けました。

終盤は旨味を感じさせながら、ズドンと豪快にキレていく大満足の1本でした!




このお酒はもう1本購入して、家のレマコムでしばらく寝かせてみたいと
思っていますが、どうしましょうか?!
もう1本ほしいなぁ~、どうしようかなぁ??

王祿の他シリーズが冷蔵庫に控えているので非常に迷いどころです

まだ飲んだことがない方は、是非とも1度、このお酒を味わってみて下さい。
自信を持って推奨出来る逸品です!


【超王祿 仕込み第04号 無濾過直汲】
◆原材料名:米/富山県産五百万石100% 米麹/富山県産五百万石100%
◆精米歩合:60%
◆アルコール分:17.5%
◆酵母:協会9号
◆日本酒度:+8.4
◆酸度:2.7
◆アミノ酸度:不明
◆仕込み水:自然湧水 通称“黄金井戸”
◆製造元:王祿酒造有限会社
◆所在地:島根県松江市東出雲町揖屋484番地
◆蔵元兼杜氏:石原丈径
◆容量:1800ml
◆製造年月:2013年12月
◆購入店:小山商店 http://sake180.cc/


萩の鶴 しぼりたて 純米生原酒 H25BY
2014年の1本目です!

今年は祖母の米寿、母の還暦と祝い事が続きますので、
ふたりの長寿と健康を祈って『萩の鶴』をチョイス
しました



香りは非常に穏やかです。

口に含むと舌先に微発泡を感じます。新酒らしくピチピチして爽やか~!
澱を絡ませることでお米の旨みがじゅわ~っと広がってくるのが分かります。

フレッシュで爽やかな酸と甘みのバランスが非常に良いですね。

あっという間に空けてしまいましたが、幸先の良い1本目を楽しむことが出来ました




【萩の鶴 しぼりたて 純米生原酒】
◆原材料名:米、米麹
◆精米歩合:60%
◆アルコール分:17度以上18度未満
◆酵母:不明
◆日本酒度:不明
◆酸度:不明
◆アミノ酸度:不明
◆製造元:萩野酒造株式会社
◆所在地:宮城県栗原市金成有壁新町52
◆蔵元:佐藤曜平(8代目蔵元)
◆容量:720ml
◆製造年月:2013年12月
◆購入店:はせがわ酒店 東京駅グランスタ店
「呉の土井鉄」 純米吟醸 しずく生 山田錦 H24BY
昨年末に開栓したお酒です。
2013年度のラスト(44本目)を締めくくるのに相応しい、こちらのお酒をチョイスしました
呉の土井鉄1 (480x640)


広島は宝剣酒造のお酒です。
先日の1月12日に、NHKで「料理がすすむ!究極の日本酒~広島・呉市~」にて、
『宝剣』が取り上げられましたね
ご覧になった方も多いのではないかと思います。

映像を通して、杜氏・土井鉄也氏の造りに対する姿勢、お酒に対する愛情がひしひしと
伝わってきて、ますます『宝剣』が好きになりました。

この『呉の土井鉄』は兵庫県特A地区産の山田錦を用いた純米吟醸酒で、吊るされた
酒袋から自然に垂れ落ちたものだけを斗瓶取りした逸品です。
呉の土井鉄4 (600x800)


さて、お酒の感想です。

香りは大変穏やかで落ち着いています。
口に含むと、袋吊りならではの綺麗さの中にお米由来の甘みがふわりと広がり、
口当たりはとても柔らかく、甘み、渋みを伴って、すーっと消えていきます。

特筆すべきは澱(おり)のきめ細やかさ。
画像はありませんが、瓶中で澱を絡まさせると、ゆらゆらと漂いながら、
飲み手を魅了します。

あまりの美味しさに笑みがこぼれますね~
呉の土井鉄3 (640x480)


この『呉の土井鉄』を含め、『宝剣』は決してインパクト重視のお酒ではありませんが、
五味のバランスが非常に良いですね!

気付けば、飲み手に寄り添ってくれる美酒であると個人的に思っております。


【呉の土井鉄 純米吟醸 しずく生 山田錦】
◆原材料名:米(兵庫県特A地区産山田錦)、米麹
◆精米歩合:50%
◆アルコール分:16.4度
◆酵母:不明
◆日本酒度:不明
◆酸度:不明
◆アミノ酸度:不明
◆製造元:宝剣酒造株式会社
◆所在地:広島県呉市仁方本町1丁目11番地2号
◆杜氏:土井鉄也
◆容量:1800ml
◆製造年月:2013年3月
◆購入店:矢島酒店 http://www.yajima-jizake.co.jp/
ブログ再開します!
初回の投稿から、随分と時間が経過してしまいました(反省)。

先週末からインフルエンザA型に感染...
38℃以上の熱が続き、タミフルを服用して寝込んでおりましたが、
ようやく社会復帰です!

6日間も休肝日にしたのは記憶にないですね
すっかり身体の一部を占めていた日本酒も抜けきってしまいました。

今夜からお酒も解禁して、日本酒LIFEを楽しんでいきたいと思います

ブログ始めます!
はじめまして、真剣味(しんけんみ)と申します!

2011年より本格的に日本酒を楽しむようになり、早くも日本酒愛歴4年目に突入しました。
ブログを通して、数ある中から出会ったご縁のあるお酒を紹介していきたいと思います。

有名無名に関わらず、個人的に興味あるお酒を取り上げていきます。
所謂、超入手困難酒の登場はあまり期待出来ないかもしれません

現在、日本酒はその歴史上で最も美味いと言われております。

こんな恵まれた環境にいる中で、特定の有名銘柄ばかりを追っかけていては勿体ないですよね。
自宅で外でと色々と味わい、多くの驚き、喜び、期待感、感動を得られれば、どれだけ充実した
日本酒LIFEになることでしょうか?!

とは言っても、がっちりとハートを鷲掴みされている銘柄がいくつかあるので、これらは
ご紹介が多くなるかもしれません

これから定期的にブログを更新して参りますので、日本酒でのご縁で仲良くさせて
頂いている方々もはじめましての方々もどうぞ宜しくお願い致します!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。